南インド料理店食体験

Vinayaka Chavithi スペシャルターリー (アーンドラ・ダイニング渋谷)

アーンドラ・ダイニング渋谷で9/10限定で提供されていたガネーシャ生誕祭Vinayaka Chavithi限定のスペシャルターリーを食べてきました。


アーンドラ・ダイニング渋谷店は最近の4月にでき、このご時世にも関わらず100席という大箱。いや、逆にスペースが広々取れたほうが安心という戦略なのかもしれませんが。

アーンドラ・ダイニング銀座店アーンドラキッチン御徒町アーンドラ・ダバ神田アーンドラカフェ(東大島)などアーンドラ系列はもともとよく行っていたのでですが、ここ渋谷店もオープンしたての時に行ったきりでした。今回二度目の訪問となりましたが、特別メニューということで面白い料理が多かったです。

ダイニングとキッチン、ダバ、カフェという名前は店舗の大きさや提供する料理で分けているんですかね… ?新しくアーンドラ・ダバ八潮もできたみたいですが、これは埼玉じゃなくて品川区にあるらしいです。


ガネーシャ・チャトゥルティとは?

ガネーシャ・チャトゥルティは毎年8月から9月あたりにインド全体で行われるガネーシャのお祭りで、敬虔な信者は9日間毎日連続でお祈りを捧げるらしいです。特にマハラシュトラのプネーはガネーシャ信仰で有名です。

ガネーシュ・フェスティバル - Wikipedia

アーンドラ料理とは?というのはこちらの記事に書きましたのでよろしければあわせてご覧ください。


スペシャルターリー

ターリーの構成はこちら。社長さんの出身地カキナダの味に寄せているらしいです。

  • Drumstick Rasam

具としてのドラムスティックは不在だったが、ザラザラした成分が底に沈殿しているすっきりしたラッサムでした。

  • Gutti Vankaya Curry(Kura)

guttiは小さい、vankayaは茄子の意味。。curry的なものをアーンドラではkuraと呼ぶ。タミルやカルナータカのkariという言葉と漠然と似ている。突き抜ける辛さと濃厚なナッツ感はアーンドラ料理の特徴です。

  • Veg Kurma
  • Plantain Vepdu

青バナナの炒めもの。ほくほくした食感が芋のよう。アーンドラ料理ははっきりした味付けが特徴と言われるが、それがわかりやすいものだった。

  • Pulihora

タマリンドライス。ピーナッツ、ゴマやクミンの香りが特徴的で、タマリンド水で酸味を加えたマサラペーストをまず作り、炊いたライスを混ぜて作られます。

ダヒワダ。ワダがヨーグルトの中に沈められ、マスタードシードやカレーリーフなどがテンパリングしてあります。

  • Papad
  • Modak(真ん中にある餃子みたいなお菓子)

ガネーシャのお祭りではこのModakが必ず21個供されるらしいですが、逆に1年に1回しか食べられないという。千年前に日本に伝わった清浄歓喜団というお菓子はこれと同じので、当時からこの形をしていてそれが保存されてきたのだなと思うと、なんだかロマンだったり宗教という装置のすごさを感じます。

Modak Recipe | Ukadiche modak (With Mould & Without Mould)
Modak recipe with step by step photos. Ukadiche modak is one of the most popular steamed modak variety made during Ganesh Chaturthi festival.


今回のターリーですが、お米大好きアーンドラ人らしく、ベジプラウ、プリホラ、白ライスという3種類の米料理が同居していました。さらにパパドもウラド豆ではなく米でできたものだし、ガネーシャ祈祷のため年に一度しか作られないお菓子Modakもお米の皮で作っているという。徹底したお米主義者。

南インド、特にチェンナイなんかにいくと昼しかミールスを出していないお店も多く、夜はドーサやワダなどのティファンで軽く済ませるような人も多いのですが、アーンドラの人は夜も必ず米を食べないと気がすまないらしいです。

日本人なら米を食え。アーンドラの食は米好きの日本人にはきっと合いますね。




▼アーンドラ料理ゼミ活動の様子など細かい情報発信はnoteのマガジンに書いていますので、そちらもよろしければ御覧ください。

公式マガジン『東京マサラ部、インドをつくる』|カレー哲学 (東京マサラ部)|note
インドに行けない僕らが東京にインドを作り上げるまでの挑戦の記録。カレーは手段ではなく、常に目的である。カレーを作り、カレーを食べ、カレーについて考え続ける。都内某所に存在するカレーのシェアハウス【東京マサラ部室】の活動を発信していきます。不定期に配信する【東京マサラ部】記事の有料部分が全て読めます。月に2本以...


▼東京マサラ部室(https://twitter.com/masala_bu)でインドを作っています。


▼カレーのZINEを作っています。

カレーZINEvol.2 - カレーのパースペクティブ - BOOTH
『カレーZINEvol.2』 ※今回のZINEは特殊な仕様の冊子になり、増刷が難しいため初回刷り切り販売となります。 事前購入者の方へ、2021/4/7よりZINEを順次発送予定です。 2021/4/7以降お買い求めになられた方は事前購入者への発送が完了次第お送りいたします。 【仕様】 ・B6/60p/リソ印刷(2色)...




お店の情報

※店舗情報はご自身でご確認ください。
普通お店で出していないような料理も予約すると特別に作ってくれるそうです。

Andhra Dining SHIBUYA店 (渋谷/インド料理)
★★★☆☆3.51 ■予算(夜):¥2,000~¥2,999

営業時間

ランチ
[月~金]
11:15~15:00(L.O.14:30)

[土・日・祝]
11:30~15:00(L.O.14:30)

ディナー
[月~金]
17:00~23:00(L.O.22:00)

[土・日・祝]
17:00~22:00(L.O.21:00)

日曜営業

コメント

タイトルとURLをコピーしました