インド亜大陸料理レシピ

【レシピ】pesarattu/緑豆の無発酵ドーサ

ペサラットゥは、アーンドラで朝食の定番として食べられている、ムング豆のドーサ。生地を発酵させるプロセスがないので、浸水の手間はあるが比較的手軽に作れる。

ペサラットゥという言葉はテルグ語のpesaraとattuの組み合わせで、pesara=ムング豆、attuがドーサの意味。

もそもそしていてそんなにすごく美味しいものでもないのだが、珍しいものを作ったという実感は得られる、そんな料理。

朝ごはんに是非!

材料

  • ホールムング豆 200g
  • 生姜 10g
  • 青唐辛子 2
  • クミン小さじ1
  • 生米 大さじ2(省略可能)
  • 塩 小さじ1/4

作り方

  • 豆と米を洗ってから一晩浸水させる。
  • 豆、青唐辛子、クミン、生姜と塩を入れて全てミキサーまたはウェットグラインダーで挽き、生地をつくる。なるべく水を少しずつ加えて、もったりした感じに仕上げる。しゃばくしない。
  • 半分に切った玉ねぎに油を浸してタワ(鉄板)に塗る。フライパンでも。
  • 加熱して、クリスピーになるように薄く焼く。熱で固まる部分を鉄板に引っかからせながら薄く仕上げる。、

Tips

  • なんだがもそもそして口の中の水分が持っていかれる感触。そんなにすごくおいしいものでもないけど、作るのは楽しい。
  • ジンジャーチャトニをつけたり、アチャールと一緒に食べたりするとおいしい。
  • 伝統的には米は入れずに作るらしいのだが、米があったほうがまとまりがでて糖分も追加され、水分が補われるのでおいしくなると思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました