インド亜大陸料理レシピ

【レシピ】キャベツの炒めもの/cabbage vepudu

アーンドラ風のキャベツ炒め。炒めものはVepduです。ノンベジもベジも、炒めるものは全部Vepduと呼ばれるらしい。

キャベツを炒めるだけ。タミルではポリヤル、ケーララではトーレンなどと呼ばれたりするものがアーンドラだとヴェプドゥと呼ばれたりするみたいですが、正直、何が違うのよくわかっておりません。

シャキシャキめな感じで仕上げるといい感じ。簡単だけどごはんが進む一品です。

材料

  • キャベツ みじん切り 1玉 千切りよりもみじん切りが良さそうです。
  • カレーリーフ 20枚
  • にんにく 3粒を叩き潰す
  • 塩 小さじ1
  • ターメリック 小さじ1/4
  • チャナダル 小さじ2
  • ウラドダル 小さじ1
  • マスタードシード 小さじ1
  • クミンシード 小さじ1
  • 油 大さじ1
  • 赤唐辛子 1

作り方

  • 深めのフライパンに油を熱する。
  • マスタードシードを加熱して弾けさせる。
  • 赤唐辛子を赤黒くなるまで炒める。
  • クミンシードを軽く炒める。
  • チャナダル、ウラドダルを炒める。
  • 茶色くカリカリになったらにんにくとカレーリーフを加える。
  • 香りがでたらキャベツを全部加え、上からターメリックと塩をまぶし全体を混ぜる。
  • 軽く炒め合わせたら蓋をして10分加熱。
  • シャキシャキの状態で完成。

Tips

  • ココナッツファインを少量入れてもいいが、いれないほうがおかず感があって好きです。
  • にんにくはみじん切りじゃなくて叩き潰すとより香りが出る気がする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました