カレーを食べる

カレーリーブズのオーナムスペシャルサッディヤ(十条)

先日、十条のカレーリーブズでオーナムサッディヤをいただいた時のメモ。

サッディヤとはケーララで一番盛り上がるオーナムというお祭りで提供される特別な料理のこと。特別な日の宴席自体をサッディヤというが、その時の料理自体もサッディヤという。タイミングはケーララのカレンダー、マラヤーラム暦にしたがって決められるのだが、西暦では大体毎年8月下旬から9月上旬あたりになる。

ということで日本でもこの時期はサッディヤのスペシャルミールスをイベントとして提供するお店がちらほらあるのだが、日本人としての自分にとっては「バナナリーフで提供される、普段より少し豪華なミールスが食べられる」という程度の認識である。

カリーリーブズ(十条) サッディヤ


十条のカレーリーブズではときおりイベントとしてサッディヤを実施しており、この時で7回目の実施と言っていた。

 

料理を受け止めるのはケーララの赤米、マッタライス。
茹で時間を聞いたところ、十条カレーリーブズでは90分茹でるらしい。


マッタライスの説明はこちら。


目の前にバナナの葉っぱが広げられ、そこに順番に料理がサーブされていく。



完成図。バナナリーフの上に、最終的に24種類の料理が提供された。これがすべておかわり自由という。作る側も大変だが、食べる側も大変な料理である。

右下から料理名を列挙。

・サンバーラム(ヨーグルトミルク)

・ラッサムはすっきり系。

・サンバル(ドロドロ系)

・ココナッツとヨーグルトで野菜を味付けしたアヴィヤル

・クートゥ

・ビーツと人参のトーラン

・冬瓜と豆をココナッツミルクで煮たオーラン

・青バナナのココナツ和え、エリセリ

・パイナップルのパチャディ

・冬瓜のキチュディ

・プリインジ(インジプリともいう)

・コンダッタム(ヨーグルトを塗って乾燥させたカードチリを揚げたもの)

・パパダム

・パリップ(ごはんにかかっているやつ、ダールはヒンディー)

・マッタライス

・ギー

・レモンピックル

・塩(これも一品にカウント)

・バナナチップス

・シャルカラウペリ(黒糖チップス)

・バナナ

・カルンガリ(薬用の木の皮を煮出したピンクの水)

・デザートにパリッププラダマン(黒糖入り豆のココナツミルク煮)

・セミヤパヤサム(タピオカ入りの甘いデザート)



なかでも冬瓜のオーラン、プリインジ、、アヴィヤルがおいしかった。
マッタライスは大量に水分を含んでいるので見た目に反して軽く、いくらでも食べられてしまうので注意。

自分でも腕を磨いて、こういうミールスを一人で作れるようになりたいでござる。

この日はお代わりし放題、アンリミテッドだったのでかなり腹パンになり、池袋まで歩いてTOKYO CURRY CULTUREに行った。

カレーリーブズは普段はここまで品数は多くないのだが通常メニューも美味しいのでぜひ。
十条という街は他にも気になるお店があり、なかなか堀りがいのあるエリアである。


お店の情報

営業時間

11:00〜21:00(20:30L.O.)

日曜営業

定休日

不定休

カレーリーブズ カフェ&レストラン (十条/インド料理)
★★★☆☆3.53 ■予算(夜):¥1,000~¥1,999

※営業時間などはお店に直接ご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました